ごん太と温泉

足湯の旅 (1足)

平成19年6月23日(土)曇り

日本一長い足湯(延長60m)です。
えーっと、一人が腰掛けるのに、幅50センチ使うとすると・・・・
延長が60mだから、120名腰掛けられるのです。
それが、向かい合わせに座れるから、240名も、一度に、弱放射能(ラドン)単純硫黄泉(ラドン含有量が通常の34倍)に入れるのですよ。
しかも、混浴ですよ・・・・
丁度、ごん太君が行った時は、男性が11名で、女性が21名でした。
あっ、ごん太君のご主人さまを入れると、合計33名です。(ごん太君はご主人さまの膝の上で、湯気で、温まっていました)
温泉水の出口は3箇所あって、その側は、お湯が熱いです。
ほとんどが、露天になっているので、これからの季節は、日傘を持っていくといいですよ。
今日は、曇っていて、桜島も雲の中でしたが、晴れた日だと、迫力満点の桜島が、海越しに、迫ってきますよ。
運がいいと、爆発が、見られますよ。
営業時間は、朝の9時から、日没までです。
定休日は月に一日で、不定期だそうです。
夕方、カップルで、来られることを、お勧めいたします・・・ワン
きっと、夕日の桜島が、ロマンチックにさせてくれますよ・



道の駅「たるみず」の足湯


ラドン温泉

60m先の足湯

Copyright© 2004-2022 ごん太の旅日記 All Rights Reserved.